2018年4月3日火曜日

wea vol.2 「エイプリル」 Hiroko Watanabe / Satoko Sai + Tomoko Kurahara


wea vol.2 「エイプリル」
Hiroko Watanabe / Satoko Sai + Tomoko Kurahara

2018.4.7 sat.- 4.22 sun. 火曜休み

dessin | デッサン
〒153-0051 東京都目黒区上目黒2-11-1
tel:03-3710-2310  web:dessinweb.jp
open:12:00-20:00  *2017年4月に上記に移転いたしました。

―――――四月になりました。
明るい色の服を着たくなったり、家に花を飾りたくなったりしている。
花屋に寄ってピンク色のチューリップを一輪買った。
花屋に寄るのは DVD を借りるのと似ていて、クセになる。
一度借りると、次はあの映画をと思うのと同じで、一度買うと、次はあの花をと思う。
そうしているうちに、うちが花だらけになってしまった。
部屋は花瓶だらけになってしまった。私は花瓶の隙間で過ごしている。
花の方が部屋の主人のように自由に堂々と過ごしている。
でも、これもきっと四月だけの出来事だろう。だから私はこの特別な生活を楽しんでいる。―――――


造形作家の渡邉紘子と陶芸作家ユニットのSatoko Sai + Tomoko Kuraharaによるwea(ウェア)は花器のシリーズを発表します。

2015年にスタートしたweaは、二組の作家による「食べ物のための洋服」をテーマにしたテーブルウェアです。
wea vol.1「雪は踊っている、落ち葉は舞っている」での、秋の皿、冬の皿のシリーズに続き、vol.2となる「エイプリル」では、「お花のための洋服」として四月の花々をイメージした花器を作りました。

春の空気をまとった大小さまざまの手びねりの花器が、オーガンジーの花が浮かぶ空間に点在します。
一点ずつ形や絵柄が異なりますので、どうぞ会場にてお手に取ってご覧ください。
みなさまのご来場をお待ちしております。

〈FLOWER KIOSK〉4.22 sun. 15:00~
最終日15時よりインスタレーションで使われているオーガンジーの花の即売を行います。



展覧会期間中、初日と最終日は三人そろって在廊しています。
平日も在廊を予定していますので、何かございましたらご連絡ください。


2018年1月10日水曜日

Year's Plate 2018「チェックと風景」展示が終了しました






12月にユトレヒトで開催した「チェックと風景」の展示の様子です。
9つの都市の名前がついたチェックの皿を作りました。
写真撮影はカメラマンの高橋郁子さんです。
http://ikukotakahashi.com/

2018年のイヤーズプレート「チェックと風景」は2018年中は受注制作と販売を行っています。受注は納期を3ヶ月ほどいただいています。
お問い合わせはsaikurahara@gmail.comまでご連絡ください。

2017年11月17日金曜日

Year's Plate2018「チェックと風景」 展覧会のご案内



「チェックと風景」
Satoko Sai + Tomoko Kurahara
Year's Plate 2018
2017.11.28 tue.-12.10 sun.(月曜休)

たとえば、雪の朝のエジンバラのチェック。
夜のサンクトペテルブルグのアパートのチェック。
マウント・デナリの苔のチェック。
時や場所を名づけた色が縦横に交差し、プレートの上で風景を織り成します。


2018年のイヤーズプレートは「チェックと風景」というタイトルで、
ある都市の、ある時間の情景をイメージした色を、
絵の具に名前をつけるようにして調合し、土と釉薬でチェックを描きました。
タータンチェックの柄ひとつひとつに由来があるように、
私達の旅の記憶やだれかの遠い旅先の便りから想起する色や肌触りを
織り込んだチェックです。

今回はいつものイヤーズプレートに加え、手びねりの大皿も登場します。
ぜひ会場にてお手にとってご覧ください。

【イベント】モームとL Pack
11.28 (tue) 14:00 -
モームの洋菓子とL PackのコーヒーをS+Tのカップ&プレートで
お召し上がりいただけます。*売り切れ次第終了。


[会場]UTRECHT
東京都渋谷区神宮前5-36-6 ケーリーマンション2C
tel:03-6427-4041
www.utrecht.jp
https://goo.gl/maps/XC4j62h8oQT2

以下、最寄り駅からの写真付の道順になります。
(各駅より徒歩約10分前後)
《渋谷駅から》
http://utrecht.jp/?page_id=14376
《原宿・明治神宮前駅から》
http://utrecht.jp/?page_id=14448
《表参道駅から》
http://utrecht.jp/?page_id=14422

-----

展覧会のメインビジュアルはグラフィックデザイナーでイラストレーターの三宅瑠人さんにお願いし、ポストカードをイメージした4種類のDMが出来上がりました。
http://ryutomiyake.com/


2017年11月8日水曜日

秋田のまど枠での展示のお知らせ  GRANDMOTHERS 四人のティーパーティー

11月3日(金・祝)から12日(日)まで秋田市大町にある詩と日用品のお店「まど枠」さんにて、「GRANDMOTHERS 四人のティーパーティー」の展覧会を開催しています。
この夏に東京のlamp harajukuで初めてお目見えしたGRANDMOTHERSシリーズの巡回展示です。今回のためにカップも新しく作りました。
Helena、Kristiina、Sonja、Mari の四人の老婦人をイメージして作った陶器のカップが並びます。
ぜひお近くを訪れる際はお立ち寄りください。

ーーー―ー
Satoko Sai + Tomoko Kurahara
GRANDMOTHERS 四人のティーパーティー
11月3日(金・祝)ー11月12日(日)
11:00-18:00 休業日 11月6日(月)・7日(火)
まど枠
秋田市大町3-1-12 川友中央ビル3階3室


以下の写真はまど枠の伊藤さんより頂いた会場風景です。













2017年9月7日木曜日

スタジオワークショップ 「North Cup / South Cup」のお知らせ



9月30日に、Satoko Sai + Tomoko Kuraharaのスタジオワークショップを開催します。
スタジオワークショップは私たちのアトリエである亀戸スタジオで行うワークショップです。
シルクスクリーンを使った下絵転写の技法を使い、カップに絵付けを行います。
S+Tオリジナルの白い器をキャンバスに、北の国の風景モチーフ(North Cup)もしくは南の島の風景モチーフ(South Cup)の転写シートを自由にレイアウトして転写を施し、オリジナルのカップを作ります。
カップはこちらで釉薬をかけて窯で焼成し、後日お送りします。

◆スタジオワークショップ 「North Cup / South Cup」◆
日時 9月30日(土)
時間 13:00~15:00
人数 10名様
場所 亀戸スタジオ 最寄り駅・東武亀戸線亀戸水神駅
   (ご参加いただく方に後ほど詳しい場所をご連絡します)
参加費 4,700円(送料込み)
※カップの制作はおひとつです。North(青)もしくはSouth(茶)の絵柄を当日お選びいただきます。

お申し込み方法
参加ご希望の方はEメールで saikurahara@gmail.com までお願いします。
メールの件名に「9/30スタジオワークショップ申し込み」とお書きの上、
お名前、お電話番号をお知らせください。
複数名でご参加の場合は、ご参加いただく人数と、お名前をお願いします。
お申し込み順で受付の上、定員に達し次第締め切ります。

皆さまのご参加を心よりお待ちしています

2017年8月24日木曜日

LAFORET Market vol.1 "one idea"出店のご案内

2017年9月2日(土)3日(日)の11:00~19:00、ラフォーレミュージアム原宿で開催されるLAFORET Marketに出店します。

原宿のシンボルとして新たなカルチャーやクリエイションを発信し続けてきたラフォーレ原宿が、新たな企画としてスタートしたこのマーケットは、ファッション、アート、音楽をキーワードに毎回テーマを変え、あらゆるジャンルのクリエーター、メーカー、ショップが集まるC to C(Creator to Customer)として、今後も継続するイベントです。
今回1回目の開催に出店させていただくことになりました。
ファッションやライフスタイルショップ、食、アートなど、さまざまな楽しいブースが並ぶ予定です。
私達もプレートやカップ、ボウルなど近作を揃えて会場でお待ちしています。
ぜひみなさまお誘い合わせの上、お越しください。

www.laforet.ne.jp/museum_event/market01
2017.9.2(sat),3(sun) 11:00-19:00(入場は18:30まで)
入場無料
ラフォーレミュージアム原宿(東京都渋谷区神宮前1-11-6 ラフォーレ原宿6階)

spring 9月号掲載

宝島社発行の女性誌「spring」9月号、人気モデルのカノコさんの連載「カノコの観る世界」で、私達の制作の様子をご紹介いただきました。
大人の社会科見学のように、さまざまなアーティストのアトリエやものづくりの現場へカノコさん自らが取材に出かけ、ご自身のカメラで写真も撮影されている連載です。
お料理好きで器好きとのことで、私達の今年のイヤーズプレートも気に入ってくださり光栄でした。
カノコさんのブログでもご紹介いただいています。
https://ameblo.jp/mash-ro0m/archive2-201707.html